課金は運営へのお布施です。

いろんなソーシャルゲームで遊んできましたが

今までに一番課金し熱中したゲームがディバインゲートというゲームでした。

 

きっかけは「なにかいいゲーム無いかな」とGoogleplayを見ていた時に

絵がかわいくてダウンロードしたのが始まりでした。

 

ゲームの内容は人間界、天界、魔界などが統合した世界で

6人の主人公がディバインゲートという扉を目指すという物語です。

 

ジャンルはパネルRPGとういうジャンルで

パネルが敷きつめられたダンジョン内で鍵を探し出して扉を開けるとボスが出てきて

勝利するとクリアになりました。

 

ディバインゲートの楽しいところは登場するキャラクターひとりひとりに設定と物語があるところです。

断片的に語られるキャラクター同士の関係性を考察してSNSで盛り上がり、

ハラハラドキドキのストーリー展開に一喜一憂しました。

 

ディバインゲートには総額で8~10万ほど課金したと思います。

しかし、強いキャラを引き当てるというよりは運営への応援の意味あいが強かったとも思います。

完全無課金でも敵に入るステータスの高いキャラクターいましたし、

パーティ構成しだいでは無課金でもそこそこ遊べました。

(ただし、愛と根気が必要です。)

 

ディバインゲートは運営との距離がかなり近かったと思います。

全盛期は毎月ニコニコ生放送をやっていて、新しい情報が出た時の一体感、盛り上がりはすごかったです。

広報やゲームディレクターの掛け合いが楽しくファンもいたほどです。

 

不満もありましたが、飽きさせないいろんなイベントあちこちに散りばめられていて、

数時間プレイしても回収が追い付かないこともありました。

ゲーム外でもイラストコンテストやキャラクターコンテストなどもあって自分も参加したしました。

 

不満の一つとしてマンネリを回避するために物語終盤はかなりインフレが進みました。

無課金、微課金レベルは攻略ではなくストーリーを楽しむことに重点を置いていたと思います。

ただ、好きなキャラが手に入らないのは辛かったです。

 

主軸のストーリーが終わり、キャラクターを一新したことと、

自分の持っていたスマートフォンが壊れてバックアップしてなかったことが重なって遠ざかってしましました。

 

今はもう遊んでいませんが課金したことは全く後悔していません。

ディバインゲートをきっかけでいろんな人に出会えたり、

イベントで遠征に行ったりといろんな経験が出来て本当に楽しかったです。

 

ソーシャルゲームは楽しくプレイすることが一番だと思います。

あと、課金するかしないかのポイントしては

ゲームに飽きてしまった時に課金したことに後悔するかしないかを考えたらいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL