スマホゲーム界の異端児:「魔法使いと黒猫のウィズ」

私がこのゲームを始めたのは高校生の頃です。

その時ちょうどスマホゲームが流行りだしたころで

周りの友人たちはこぞってゲームをやっていたのですが、

その中で友人に紹介されてこのゲームを始めました。

 

ソーシャルゲームの多くは当時RPG風やパズルものが多く私にはあまり合っていなかったのですが、

これはクイズゲームということもあり物珍しくすぐにはまりました。

 

単なるクイズゲームではなくしっかりとしたストーリーがあり、

クイズバトルに勝利していくことでストーリーが進んで行く

というシステムだったため飽きずにやりこんでいました。

 

またかわいい女の子のカードやかっこいい男の子のカードを集める楽しみ、

そしてそのカードを用いてクイズバトルに勝ちやすくするというRPG的要素もあったので、

やりこむ要素が多く長く楽しめるゲームでした。

私は無課金ユーザーでしたが十分に楽しめました。

 

基本的なシステムはクイズバトルに勝ちストーリーを進めるということですから個人プレーです。

普通にやっていればストーリーはすすみます。

ガチャも無料でそこそこできたので無料でもそれなりには楽しめました。

 

ですが頻繁に運営が開催するイベント

(イベントに参加して、特殊なストーリーをすすめたり特殊なクイズバトルをし、

そのイベントで活躍すればするほどそのイベントの参加者内でのランキングがあがり、

上位ランカーには特別な報酬がもらえるという仕組みになっています。)

で活躍するためにはどうしても強いレアカードを集める必要があり、

そのカードを集めるためにはどうしても課金をせざるを得ないかと思います。

 

私はそこそこイベントに参加するくらいだったので課金しようと思ったことはあれど

実際にするところには至りませんでした。

 

前述の通り、このゲームの基本は個人プレーですから、

今から始めるにあたっての古参ユーザーとの差は

イベントに参加しないかぎりあまり気にならないと思います。

 

私がこのゲームをやめた理由はゲームがマンネリ化してきたからでした。

ゲームをやりこんでいると既知のクイズ問題がだんだんと増えてきて、

最終的には問題文と答えを知っている問題ばかりになってきて

クイズゲームとしての面白さがだんだんとなくなり、

機械的にクイズに答えるだけとなってしまい単純に言えば飽きが来ました。

 

またイベントでも無課金の私は活躍できないことがわかっていたため

イベントに参加するモチベーションがなくなってしまいました。

そういうわけで私はこのゲームをやめました。

 

ソーシャルゲームは概して最初こそ楽しくても後半になると飽きてきたりして結局やめてしまいがちです。

また課金してもゲームをやめてしまえばそのお金は返ってきません。

このようなことを理解しつつゲームをはじめるべきではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL