パズル&ドラゴンズの体験を経て伝えたいこと

私は、1200日以上ログインしているパズル&ドラゴン(以下:パズドラ)ユーザーです。

パズドラを始めたきっかけは、当時ガラケーからスマホへ移行した際、

何かゲームがやりたいと思い、アプリを探していたらこのパズドラに出会いました。

 

ドロップといわれる丸い球を指でなぞって消していくのですが、

これを消す感覚が楽しいのと、消した分だけ攻撃力が上がり、

敵を倒していく爽快さが相まって今でも遊んでいます。

 

またこのゲームは読み込みが早く、ストレスにならないことも今まで続けている要因の一つです。

というのも、他のソーシャルゲームでは画面が切り替わる途中で「読み込み中」と表示される場合があり、

待ちの時間が発生するのですが、パズドラにはほぼそれがないので、ストレスがありません。

 

また、パズドラをやっていて役に立ったこととしては、

誰かを待っている時や、電車に乗っている時等、の時間つぶしとしてとても有効でした。

 

さて、ソーシャルゲームと言えば「課金」と連想される方が多いと思いますが、

私はこの1200日ログインの中で数回課金しており、その額は約10万円です。

 

このパズドラは「魔法石」と呼ばれるアイテムを使って、

強いモンスターを仲間にすることができるのですが、

その魔法石を手に入れる手段は「ログインをする」か「指定のクエストをクリア」か「課金」です。

したがって、コツコツ毎日ログインを繰り返し、

クエストをこなしていけば課金をしなくても魔法石を貯めることができます。

 

課金しなくても手に入るのにどうして課金をしてしまうのか?

私の体験から1つの理由が挙げられます。

それは射幸心を煽られるということです。

 

私が最初に課金をした理由は、無課金で貯めた魔法石で強いモンスターを手に入れようとして、

目当てのモンスターが手に入らなかった時、

ものすごく残念な気持ちと、同時にものすごく手に入れたいという欲求が私を課金に走らせました。

「ああ、これがウワサの射幸心ってやつか」とその時は心の中で思っていました。

わりと冷静な判断がしにくくなるので、私はほどほどにしようとを思いながらも、

トータルで10万円使ってしまいました。

 

最近は全く課金をしておりません。

時間をかければおのずと強いモンスターが手に入るのです。

課金は「時間をお金で買う」ということだと実感しました。

 

これからソーシャルゲームを始める方へ、暇つぶしにはソーシャルゲームが最適だと私は思います。

しかし、ハマり過ぎには注意してください。

私には妻と子供がいますが、たまにパズドラに集中しすぎて、

周りが見えなくなり家族の会話等生返事したりしたことがあります。

とても後悔し、反省しました。

 

また、課金の要素にも注意が必要です。

適度にバランスを取って遊べる人が楽しめるゲームです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL