ツムツムにはまってます!

ツムツムを始めたきっかけは、完全なる暇つぶしのためです。

有名だし、皆がやってる=楽しいゲームと思った私は、早速ダウンロードしてやってみました。

 

それまでの私は、ゲーム自体が好きだったので、色んなゲームをダウンロードしては削除してを繰り返してきました。

私がツムツムを始めた時、ツムツムのゲーム配信が始まってからだいぶん経っていたので、

皆さん上手な方ばかりで「どうやったらそんな高得点が取れるんだ!?」と苛立ちを感じ、

すぐにゲームを削除しようかと思ったのですが、私のプライドがそれを許さなかったのです。

「どう考えても、私よりゲームが下手な○○ちゃんが○点も取ってるなんておかしい!彼女を抜かしてから辞めよう。」

そこがはまるポイントでした。

 

毎週毎週得点を友人と競います。

抜かしたり抜かされたり、来週こそは勝ちたいと思ったり、色々な感情が芽生えます。

毎日毎日続けていると、使えるキャラクターも増えるしキャラクターのレベルも上がるしで、

どんどん高得点が取れるようになってきます。

 

始めた頃から比べると3倍くらいの得点が取れるようになりました。

イベントなども定期的に行われているので、イベントこなしてると飽きも来ないのです。

しかも、どっちが早くイベントを攻略できるか友人と競争してますので、今更引き下がれません。

イベントが始まる度に「ここが難しいけぇ、気を付けて」とか、

「どうやってクリアしたん?」とか、友人とコミュニケーションを取りながら、イベントに参加しています。

 

私生活では会わなくなった友達とも、ツムツムでは出会えます。

その人の設定にもよりますが、ハートをもらったりするとLineにメッセージが入り、

「おぉ~、元気かなぁ~」なんて、懐かしくもなります。

メッセージ設定無しでハートだけのやり取りをしている人と出会った時も「いつもハートをありがとね~」なんて話したり、

「何であんなに高得点が取れるん?」とか「あのキャラ良いよね~」とかって、話のネタになってしまうのです。

 

新しく友達になった人がツムツムをやってたりすると

「あ、この人もやってるんだ。今度この話をしてみよう」

と、ちょっとだけ親密になれるきっかけをくれたりします。

そんなこんなで、暇つぶしで始めたツムツムは、

単なるゲームから私のコミュニケーションツールの一つになってしまいました。

 

始めた時悔しい思いをさせられた友人は未だに抜かせていません。

その友人を抜かすまでは、本当に続けると思います。

しかし、上には上がいるもので、その友人も抜かせない人がいると言ってました。

単純なゲームですが、はまらせる仕組みは奥深くできているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL