ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル体験談

7月に大型アップデートが実施され、メインキャラクターの総数が大きく増えた

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(以下スクフェスとします)」。

様々な視点から見ていって感じた事を纏めます。

 

インストールのきっかけは

「アプリで殆ど遊ばなくなったので、せっかくだから人気もあるしインストールしてみるか」

という漠然とした物です。

最終的には5ヶ月遊んでアンインストールしました。課金は一切していません。

 

まずゲーム性として特徴的な事は、「PERFECT判定がかなり狭い」事が挙げられます。

ゲームセンターで稼働しているアーケードの音ゲーの優しい物よりは狭いレベルです。

ただし、ユニットを編成する上で「判定強化」のキャラクターを編成すれば、

スキルが発動している間は多少のズレをPERFECTにしてくれるという物が存在します。

スコアを上げたい時は「スコアアップ」のユニットを編成する必要があるので、

「スコアを稼ぐ」か「コンボ重視」かで編成するユニットの中身は大きく変わってきます。

 

アニメが大人気だったのもあり、スクフェスを始める層の殆どは「推しキャラ」がいるのもこのゲームの特徴と言えます。

「キャラクターを応援するための称号」もあるくらいです。

 

そしてスクフェスを語る上で欠かせないのが「イベント」の存在です。

この期間はユーザーにとって推しキャラのイベントであった場合、とにかく時間を注ぎ込んでポイントを稼ごうとします。

その熱意は本物で、イベント期間中は殆ど寝ずにランキング上位を目指してるユーザーもいるようです。

 

最近ではメインキャラクターが9人から18人に増えたこともあり、

「1つのイベントで1人のキャラクター」ではなく「1つのイベントで2人のキャラクター」が絡む事が増えてきています。

イベントに絡むキャラが両方推しの場合は勿論頑張るはずですが、

片方推しの場合でもイベントを頑張る、という方も多いのでランキング上位の争いは熾烈な物となっています。

 

さて、スコアを上げる上ではガチャを引いて強いユニットを引かねばなりません。

しかしスクフェスのユニット編成は1つにつき「9人」となっているため、

最高レアリティのキャラを9人引かないと高得点は見込めないのが現状です。

無課金だと相当長く続けないとガチャを引く事すらままならず、モチベーションの低下に繋がることは十分に考えられます。

これから始める、という方は毎日ログインして1曲だけでもクリアすればアイテムが貰えるので、

まずはそれを貯めていく所からスタートとなります。

 

システム、キャラ共に個性を押し出しているゲームではあると思いますので、

興味がある方は一度インストールしてみてはいかがでしょうか。

気に入った方は是非やり込んで頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL