ガチャが渋いと噂のシノアリスを完全無課金でプレイしてみた

最近1周年を迎え、CMもうち始めた「シノアリス」。

ダークな童話という世界観と、新鋭イラストレーター・ジノ氏の可愛いイラストが魅力的で、

1周年記念イベントを機にやり始めて2ヶ月以上たちました。

 

どんなゲームなのか、無課金でもプレイできるのか、

古参ユーザーとの差は埋まるのか等、今までのプレイで経験したことをまとめます。

 

シノアリスでは「赤ずきん」「シンデレラ」等の童話キャラがプレイアブルキャラクターとなります。

実装キャラは現在12人。

意外と少ないですが、「赤ずきんソーサラー」「赤ずきんパラディン」等、

得意武器とグラフィックが違うバリエーションが用意されてます。

 

FGOでいう「別クラスで召喚された」みたいな状態ですね。

それらの「ジョブ違いキャラ」を集めるのが、プレイの目的の一つになってます。

配布ジョブもあれば、ガチャで「ジョブ解放武器」を出すことで入手するレアジョブもあります。

 

私の場合、イラストが好きで始めたので、いかに好きなキャラの好きな表情をしたジョブを出せるかが、

ゲームを続けるモチベーションとなりました。

 

ところが、ガチャが渋いんです。

最高レアリティはSSRで3%の排出率ですが、ジョブ解放ではない通常武器も含めての確率なので、

狙ったジョブはなかなか来ません(0.0X%なんてことも!)。

 

200連してもSSR無し…なんて時期もあったので、ガチャが渋いというのは本当でした。

 

これから始める方は充分リセマラをしてジョブをたくさん出した状態で始めてください。

私は2つ出してリセマラ終了しましたが、もっと粘っても良かったなと若干反省してます。

(10連回すのに必要な石は300個で、石の価格は9800円で約1000個。

石が増量されるセール時期もたまにあり)

 

じゃあ課金しないと満足なプレイができないかというと、私は完全無課金で充分楽しんでます。

意外とイベントで石を大盤振る舞いしてくれるので、この2ヶ月間、プレイ自体はまったく問題ありませんでした。

 

……でも、残念ながら「課金者には絶対に追いつけないゲーム性」になっているんです。

 

というのも、ゲームシステム的に2つのモードがあり、

キャラごとのストーリーを追いながら戦闘をしていく「モノガタリ」モードと、

ギルドに入りリアルタイム対人対戦する「コロシアム」モードの2つのうち、

コロシアムでの課金勢の強さがエグい。

 

どちらのモードも戦闘システムは同じですが、

プレイヤーの強さは「レベル(=コスト数)」「所持武器の能力値」「所持ジョブの数、育成度」

をひっくるめた「総合値」というステータスで示されます。

つまり、長い時間かけてレベルを上げ、強い高レアリティ武器を凸り、たくさんのレアジョブを持っている人が強く、

露骨に表示される総合値でどれだけ課金したり周回してるかがすぐわかるんですね…。

 

具体的な数字を出すと…完全無課金で2ヶ月ちょっと、

毎日数時間かけて周回プレイを頑張っている私の総合値が、現在16万。

同じ時期で始めてそこそこ課金しているフレンド(課金額現在までに5万円位)の総合値が、現在18万。

 

一方、サービス開始時からはじめている古参プレイヤーの総合値は、ガチ課金勢で現在24万ほど。

その差は数万と思うかもしれませんが、コロシアムのギルド対戦は最高15人対15人になるので、

課金者が多いギルドには無課金勢は全く歯が立ちません!

 

……でもプレイしてしまう魅力のひとつに、プレイヤーとのギルド交流があります。

「このクエは報酬がおいしいよ」

「今回のガチャの、この武器が強い!」

……等、チャットで情報をもらったり、協力プレイをして高難易度クエストをクリアしたり…!

 

無課金でも育成がうまく行けば強いギルドに入れてもらえることもあり、

コロシアムで強い人に混じって戦えることがすごく楽しいんです!

効率よく育成したり、コツコツ周回することで総合値は着実に育ちます。

モノガタリモードのシニカルで刹那的なテキストも魅力で、気づくとついつい毎日プレイしている私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL