実にプロレスを「分かっている」ゲーム リングドリーム 

可愛い女の子が沢山出てくるというソーシャルゲームは珍しくありませんが、

本作は女子プロレスをテーマにしています。

つまり、プレイヤーが団体の代表者であり、

女子プロレスラーである女の子たちを獲得していく形になりますが、

女の子が女子プロ選手に入れ替わっただけ、というわけではまったくなく、

様々な特色があります。

 

第一に、キャラのルックスの差です。

他の大多数のソーシャルゲームの場合、

登場する女の子たちはレアかノーマルかの違いはあっても皆可愛い女の子で、

ほとんどプレイヤーの好みの問題としか言えない程度の差しかない場合が少なくありませんが、

本作の場合、明らかに美女でも美少女でもない、

しかし女子プロ選手としては説得力たっぷりなキャラが多数登場します。

となると、ルックスだけで考えると明確に外れがいるという形になるわけですが、

だからこそ本当に可愛らしいキャラが目立っています。

 

第二に、脇役以下のキャラにも見せ場を忘れない構成になっているところです。

ガチャなどの人気要素が絡むジャンルである以上、どうしても扱いに差が出る形になりますが、

前座や悪役でも輝けるのがプロレスという場でもあります。

多くのプレイヤーが最初期で切るようなキャラでもストーリーが深く掘り下げられており、

しっかりと作品世界を盛り上げてくれています。

横並びでないオンリーワンが表現されているとも言えるのです。

 

また、初心者に優しいのも本作の特徴です。

私は途切れ途切れに数年楽しむ程度の無課金プレイヤーですが、

ストーリーモードでぶつかるのはCPUですので、無課金でもぐいぐい攻略していくことができます。

攻略で詰まったところでも、後に閲覧が可能になったりしますので、疎外されるということがありません。

 

もちろん何年も続いているゲーム故、古参ユーザーとの差は大きいですが、

その差が問題になること自体が少ないのです。

効果あるアイテムやレアカードが折に触れて貰える機会も多く、運営側はかなり太っ腹という印象があります。

特に体力回復アイテムは、使いどころが多いだけにありがたいですね。

 

攻略にあたっては、進めていくにつれてかなり敵も強くなってくるので、

キャラ育成にかなりの時間を費やすことを覚悟した方がいいかも知れません。

 

戦闘シーンはプロレスゲームという割に簡素な部類で、

長時間プレイを続けていると、ややマンネリ感を覚えるところがあるのは残念ですが、

全体的に進めやすく、しかもキャラの個性が豊かで、

何よりプロレスを「分かっている」雰囲気がファンにとっては嬉しい、

秀作と言っていいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL