ねこをまったり眺める暮らし

2014年にリリースされいっとき爆発的な広がりを見せ、

今もちょこちょこグッズを見かけるスマホゲーム、「ねこあつめ」。

自分のスマホにもインストールしてあるよー、という人も多いのではありませんか?

 

ガチャ!ゲーム!バトル!と何かと忙しなく、イベントともなれば長時間張り付いていないと・・・

といったがっつりプレイを是とするような風潮の中で、このゲームは明らかに一線を画していました。

 

やることは至ってシンプル。

どこかのお家の庭先を模した画面にエサとグッズを置いて、やってきたねこが遊ぶさまを眺め、

満足するとねこはお礼ににぼしを置いて帰っていきます。

そのにぼしを貯めてまた新しいグッズやにわさきを交換で得てねこを呼ぶ、

この繰り返しです。

 

やる事が非常に少ない、ともすれば内容が薄いとも言われそうなこのゲーム。

それもそのはず、リリース当初、このねこあつめは開発元の別タイトルのゲームの合間に作られた片手間の産物だったのです。

猫が好きな人にでもちょっとの間楽しんで貰えれば・・・でできたゲームが大ヒットですから、

世の中何が起こるかわからないものですね。

 

実際今も時々起動して遊んで、というか遊ぶねこたちを見守っていますがこれがまたいい感じに飽きのこない、

丁度よく力の抜けたカワイイねこたちのデザインに癒されています。

表情の読めない点目、バッテンで表現されるおしりの穴、グッズによって様々変わるねこたちの動きと、

魅力を挙げればキリがありません。

 

このねこあつめ、作られた経緯が経緯なだけに課金要素としてはにぼしを買うくらいしかできず、

そのにぼしも正直毎日コツコツとねこにエサをあげていればいずれ貯まります。

なので無課金でも問題なくいつまでも遊べて、筆者である自分も今までゲーム内で課金はしたことが無いわけですが、

こんなに良いゲームなのにお金を開発元に届ける手段がにぼし購入だけでは・・・

という声もネットにはちょこちょこあったように思います。

その声がどれほど実際に影響があったかはわかりませんが、

ねこあつめはゲーム外でのグッズ展開が非常に豊富で、グッズを買うことで開発元にお金が入る流れの方が大きいです。

書籍、ガチャガチャ、ゲームでの景品、コンビニの一番くじとその広がりは多岐に渡ります。

 

よくソーシャルゲーム・スマホゲームはサービスが終了したら何も残らないと揶揄されますが、

このゲームではその心配もあまりないという隙の無さ。

ゆるくてかわいい~いねこたちですが、その可愛さは今や現実にもしたたかに侵食しており

私たちをスマホの中から外からメロメロにしてきます。

 

まだやったことないという人、今からでも遅くありません。

ひとたびインストールすればあなただけのねこたちとの、

つかず離れずまったりとした暮らしがそこで待っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL